スマートフォンやタブレットの画面を拭き取るスマホクリーナー

wiping00

最近主流のスマートフォンや利用者が増えているタブレットの画面の汚れが目立ちませんか?
そんな画面を綺麗に拭き取るスマホクリーナー生地の開発をしています。

皆様はスマホでしょうか?

それとも従来の携帯電話をお使いでしょうか?

私はこの春にスマホデビューしたばかりの新人です。
それまでは、ガラケーとモバイルルーターとタブレットの3台を持ち歩いていましたが、ガラケーとルーターをやめて、ついに『スマートフォン』持ちになりました。

スマホにして気づいたのが、電話した後の画面の汚いこと!

大画面が便利なスマホでも汚れていたらちょっと見づらいですよね。
その画面を他人に見せるのはちょっと恥ずかしいです。

そこで、以前より当社で試作していた『スマホクリーナー』生地です!

 

スマホクリーナー(ワイピングクロス)の開発へ

wiping02

生地の開発をしたのはスマホが広く普及し始めた頃ですので、私の遅いデビューよりもっと前にスタートして、当社のサイトにもご紹介していましたが、改めて取り組みをスタートした理由を。

 icon-check3-r ティッシュやハンカチでは拭き取れない
 icon-check3-r 市販のクリーナーは無地ばかり
 icon-check3-r 汚い画面はスマートフォンにあわない

というような理由からワイピングクロスの開発が始まりましたが、幸いなことに私たちの希望する糸を作ってもらえることができた点がこの商品実現の大きな要因でした。

使用している糸は本来別の用途で使用されている糸を特別な加工をしていただいて、拭き取り性能が高く、糸の色も要望に近いものが出来ました。

 

クリーナー生地開発で困ったこと

wiping03

糸が手に入ったので、試験的にデザインを入れた生地を織ることにしましたが、そう簡単に出来るはずがありません。

多くの色が入ったデザインにする、生地がとても厚くなり、絵柄を細かなデザインのものにしようとすると、糸の太さの関係で表現できなかったりと、なかなか納得できるものができません。
新しいモノを作るときは当然ですよね。

 

生地開発で困ったこと1 生地の滑り具合と拭き取り具合

最初の試作生地で汚れた画面を拭いてみました。

かなり拭けます!

というより、拭き取り性能が強すぎて、生地が画面やメガネの表面に食いついて動きません・・・。
指の方が滑ってしまって、指の表面の方がきれいになりそうです。

そこから、織り方を何通りも変更し、程よく滑って汚れの拭き取りも十分という織り方を探し続けました。

 

生地開発で困ったこと2 生地の切り口

「ズバッ」と拭き取れる生地はできました。
拭き取るのにちょうど良いサイズも見つけたのでカットしてみると、「切り口が痛い」んです・・・。

糸はポリエステルなので、ハサミで切るとパラパラとほつれてきます。
ほつれないように熱で切断することが織ネームでも使う方法なのですが、生地が厚いため、熱で溶かしながらカットすると溶けて固まった糸が硬くなってしまいます。

触って痛いのも困りますが、それより拭いたことで画面に傷が付くのが心配です。
カット機の使い方をいろいろ変更して、「痛くない・ほつれない」切り方を探しましたが、これまた難しい・・・。

 

生地開発で困ったこと3 生地の厚み

熱でカットする方法を試行錯誤しながら、生地の試作も続けていました。

生地が厚いとメガネレンズと鼻あての隙間部分が拭きにくいという意見もありましたので、薄い生地も試作しました。

glasses01 写真引用:J!NS

この時にただの生地ではなく、”拭き取れる生地を使ったスマホクリーナーグッズ”の開発もやってみたいと考えていました。
(この『グッズ』については、また別の機会にご紹介できればと思っています。)

この薄い生地を試作した時に見つけたんです!

「痛くない・ほつれない」切り方を!!

カットの方法も大事ですが、生地の厚みも影響があるということがわかったので、
今開発中の生地はどれもちょうど良い切り口なので、痛みはほぼ無い状態にできました。

なんとか「痛く無い切り口でほつれない、よく拭き取れる」生地が出来上がりました。
用途によって厚みを変えることもできますし、拭き取り具合も強力なものから、弱いものまで調整して作ることができそうです。

切り口の件は、1つの方向からだけではなく、別の視点から取り組むことで解決することがあるという体験も出来て、とても良い経験になりました。

ちょっと長くなったので、次回に続きます。

 

出口織ネームの商品一覧に折り紙のように折りたたんだワイピングクロスのページを追加しました。
その名も折り紙ならぬ『折り布』です。
  ・・・・・・。
「もっといい名前がなかったのかねぇ。」という声が聞こえてきますが・・・。

名前はいまいちですが、スマホクリーナーとしての性能は最高です!
 ⇛出口織ネームが開発中のスマホクリーナーのページへ。

 

シャツやパンツ用タグ(織ネーム)に姿を変えた特殊な織生地

 

150807_label03

メンズ用シャツやパンツ用のタグ(織ネーム)に、ある特殊な織り方をした当社の試作生地が姿を変えて採用されました。

元々はタグ用に作っていた試作品ではなく、全く異なる分野の試作として何十種類と織った生地の中の1つをベースにし、タグの制作をさせていただきました。

お客様は名古屋市でジャケット・パンツ・シャツなどのオリジナルアイテムを製造販売している『山内』様です。

 山内:http://www.yamoci.com/

お客様は『純日本製』に強いこだわりをお持ちで、生地などの素材はもちろん、縫製の針目など「ものづくり」の点にも力を入れられており、縫製するのも日本人の職人さん』という、妥協を許さない気持ちのこもったものづくりをされています。

そんな日本人のものづくりをされている山内様に、当社のタグが採用されたことは、大変光栄でありがたい気持ちいっぱいです。

 

今回のタグは、全く別の用途で使用する生地の試作品がベースになっています。

アパレル分野とは全く異なる分野の生地ですが、その表面の織具合を気に入っていただけました。

 

代表の山内様は国内の職人や工場を実際に訪問することが多いようで、当社にもご来社していただき、様々な織見本をお見せした中の1つが今回の織ネームの地模様のベースになっています。

同系色の色でブランドロゴと地模様を表現していますので、ロゴが地に埋もれることなく表現できており、とても上品なブランドタグになったと思います。

150807_label05

特に斜めから見ると、隠しロゴが浮き出たように見えて、かなりかっこいいです。

これまで多くの織ネームを製造してきた当社でも、ほとんど見ることが無い、特殊なタグでしたので、とても新鮮な気持ちになりました。

お客様には織ネーム対して、いろいろな目的をお持ちだと思います。

それをお伝えただければ、ご希望に沿ったものをお作りしやすくなりますので、どのようなことでもお客様の「こだわり」をお気軽にお伝えください。

 

 

夏季休業のお知らせ

株式会社 出口織ネームのサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

誠に勝手ながら下記期間を夏期休業とさせて頂きます。

    夏季休業:平成27年 8月11日(火)12:00〜平成27年 8月 16日(日)

8月11日(火)の午前中は通常通り営業しておりますが、午後は業務を停止しております。

また、夏季休業明けは平成27年 8月 17日(月)より通常営業いたします。

休業期間中はご不便をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

クリーナークロスの堅牢度やピリング試験を依頼してみました

試作中のクリーナークロスの堅牢度やピリング試験を第三者機関に依頼してみました。

と、たまには「おりラボ」という”ラボラトリー”らしいお話をしたほうが良いかと思いまして。

当社で以前より試作しているクリーナー用の生地は、かなり拭ける性能があると感じているのですが、特殊な糸のため耐久性が気になっていました。

何度も拭くと色が薄くなったり、毛羽立って見た目が悪くなったというのは避けたいですし、長く使っていただけるものづくりには大切なポイントだと思いまして。

試作品はスタッフに使ってもらって、拭きとり具合の低下や、生地の毛羽立ちなどを確認はしていましたが、感覚的な表現ではお伝えしにくいですね。

そこで、繊維の品質評価をおこなっている機関で、
 ・染色堅ろう度(耐光、洗濯、摩擦)
 ・物理的性能(ピリング)
の4項目で試験を依頼しました。

簡単に言うと、染色堅牢度試験は織った生地が光を浴びたり、
洗濯したり、擦れた時の色の変化具合を1~5級で判定するものです。

1級が悪く、5級が良い等級となります。

試験の詳細はこちらのサイトなどが参考になります。

ピリング試験というのは、生地の毛羽立ち具合を同じように5段階の等級で判定するものです。

堅牢度・ピリング試験の結果は?

堅牢度試験は糸でおこない、ピリング試験は生地で試験を依頼して、予想では、織ネームで使用している糸よりも大きく悪くなると思っていました。

結果は、
 ・耐光(JIS L 0842):4級以上
 ・洗濯(JIS L 0844):変色-5級、汚染-4-5級
 ・摩擦(JIS L 0849):4-5級
 ・ピリング(JIS L 1076):5.0級
となり、予想以上の好結果で驚きました。

ピリング試験

使う糸の色によって差がありますが、写真のようなストライプ柄では、かなり良い結果になりましたので、安心してお使い頂けるのではと期待しています。