HOME > 出口織ネームの技術

出口織ネームの技術

小さいスペースに小さい文字や絵柄を表現するのがブランドタグに求められ、その技術を日々向上させていることが「出口織ネーム」の基礎技術となっています。
こちらでは出口織ネームが設備する織機、織り方の基本知識、可能な折り曲げ・カット加工をご紹介致します。
糸の選択とジャガード織技術を合わせてお客さまの用途に合わせた最適なご提案をいたします。

出口の技術 一覧

織機

ジャガード織とは

コンピュータの原理である0か1かの2進数の考え方。これは織機のタテ糸を上げたり下げたりする原理が元になったとも言われてます。
織機

織機

弊社ではシャットルとレピア織機を設備しています。ジャガードは紋紙形式と電子ジャガード形式があり、急速に電子化の設備更新をしています。
その他設備

その他の設備

ジャガード織物作りには織機はもちろんですが、特殊な糸の開発や織り上がった生地の切断やシワ等を防止する熱処理など出口の技術を支える設備をご紹介します。
織り方

織り方

デザイン画の部分は横糸によって表現しますが、ベースとなる生地については三原組織(平織、綾織、朱子織)を基本とします。その他にも沢山の変化組織があります。
カット加工

カット加工

織物加工として折り曲げ・ヒートカット加工設備を保有しています。織り方と共に、織ネームのご使用用途に合わせてご提案致しますのでお問い合わせください。