商品について 商品分類

ミサンガ − 房紐タイプ − 制作事例


事例1「神戸弘陵学園高等学校サッカー部父母会様」


ミサンガの房


全国レベルの強豪校であるお客様のサッカー部は、
 『選手と父兄が一体となって優勝を目指す』
という思いで、当社のミサンガをお選びいただきました。

選手の思いを応援する人も共有するグッズとして、 その役割を果たすことが出来るのが背番号入りのミサンガです。

願いを込めたものを常に身につけていると、思いが通じる気がしませんか?




ミサンガの房
オリジナルミサンガのデザインはサッカー部のロゴに使われている色をベースにし、 見やすい色で学校名を入れました。右の数字は選手の背番号です。

1本1本異なる番号で織り上げておりますので、皆さんが異なる番号のミサンガを身につけることも出来ます。

印刷されたものとは違い、文字も織り方で表現されており、 耐久性も高いため、長期間お使いいただけます。

世界で唯一「あなただけのオリジナルミサンガ」。

長く残る思い出の記念品としても喜ばれています。




この”房紐タイプ”のミサンガは、ミサンガらしい紐の部分が特徴です。

結びにくく、解きにくいですが、1本の糸を積み重ねて織り上げて作られている点が
他のタイプのミサンガと異なり、人気の理由です。

 

 

また、お客様には写真のような横断幕(フラッグ)も作成させていただきました。

フラッグ(横断膜)

この横断幕の大きさは180cm×300cmあり、当社の最大幅の織機で織り上げたものです。

織幅180cmに絵柄が自由に描けるジャガード織機は日本でも数社しか所有しておらず、
大きな図柄が入った生地や風呂敷など大きめのデザインを入れた商品の製造に活躍しています。

また、連続番号やすべてが異なる文字などが入る商品でも
この織機で織り上げることで、経済的な価格で製作することができます。

プリント生地とは異なり、ジャガード織生地は耐久性が高く、高級感がありますので、
スポーツ大会やコンサートなどのイベントで、応援グッズや広告宣伝品としておすすめです。

 

ミサンガ 一覧