織ネーム」タグアーカイブ

バッグや鞄におすすめの織ネームは擦れに強い織り方で作りました

鞄用織ネーム

今回ご紹介させていただくお客様がこれまでに無い、使いやすいバッグを開発されたきっかけは、旦那様がご病気により右半身麻痺になられたことです。

懸命なリハビリの結果、日常生活が可能になり、仕事復帰を目指していたところ、片手だけで様々な動作をおこなうことの難しさに気づかれ、片手しか使えないというのは、お子さんを抱っこしている時も同じで、子育てをしているママやパパにも共通している悩みだと考え、「片手仕様」の「TOKYO BACKTOTE」を開発されました。

「片手仕様」バッグには多くの機能が盛り込まれています。
詳しくはこちらのサイトに分かりやすく書かれてます。
TOKYO BACKTOTE:https://www.makuake.com/project/tokyo-backtote/

開発された商品は細部にまで考えられていて、使い勝手はもちろん、デザインや素材にも強いこだわりが込められておりました。
私たちも織ネームにはいろんな思いを込めてお作りしているつもりですので、このバッグが必要としている人に届くことを願っています。

お客さんは初めて織ネームを作られるということで、当社にご相談をいただきました。
TOKYO BACKTOTEは天然素材の黒コットン生地を使用されているとのことで、マットな感じの雰囲気をご希望されていらっしゃいました。
また、取り付け場所や方法などもお伺いさせていただき、バッグに取り付ける場合は「擦れに強い」という機能が必須ですので、当社からはその両方を満たす織り方や折り曲げ方法などをご提案させていただきました。

織ネームの作り方が分からない場合でも最適な糸素材・織り方・折り曲げなどをご提案させていただきます。
特に最近はデザインや機能に強い思いをお持ちのお客様からご相談をいただくことが増えております。
私たちは「織ネームは商品の顔」と考えて、お客様の商品価値の向上にお手伝いをさせていただきたいと願っておりますので、皆様のご要望を遠慮無くお申し付けください。

一枚の織ネームに何種類もの織り方を入れる?

label07

「このラベルの織り方は何?」

「これは朱子織だね。こっちは綾織だね。」

設計担当者たちの会話でよく耳にするやりとりです。

当社のサイトでも織り方は数種類ご説明させて頂いておりますが、そこで言われている織り方は、”織ネーム全体のベースになっている部分”の織り方なんです。

そのベースの織り方に加えて、絵柄の表現の関係で、一部織り方を変えてることがありますが、この写真のブランドラベルにはその方法を使って絵柄を表現してるんです。

山並みの部分は糸の色をもちろん変えてますが、織り方も一部変えて織ってます。

その理由は、糸の色を変えるだけでは雪の残った具合や日陰の感じが表現できなかったそうです。

そこで、織り方も変えることで山肌の立体感を表現することが出来たんですね。

ブランドラベル(織ネーム)はブランド名だけではなく、商品イメージを絵柄で表現することも出来ますので、こだわりの絵柄をお持ち込みください。

ご要望に沿った表現を様々な織り方から目指します!

 

 

高密度織でシリアル番号入りブランドラベル(織ネーム)

label06

 

前回のヨーロッパ製のラベルと比べると、使っている糸が太いため鮮明さには劣るかもしれませんが、小さい文字もしっかり読める織り方をしております。

お作りするラベルの厚みも大切な要素ですので、それらの条件の中でも読み取り可能な文字を表現するのは設計担当が最も苦労するところですね。

小さい文字の大きさは1mm〜1.5mmですが、普通に読むことが出来ますので商品をアピールするメッセージを織り込むと効果的ではないでしょうか。

また、下部には英文字と数字の番号が入っており、識別番号として使われらっしゃいます。

商品を購入したお客様にとって、限定商品の場合の「1/50」、「49/50」などといった表示は大きな購買要素になりませんか?

誰が見ても限定品なんだということが分かると、ちょっとうれしくなりますもんね。

私どものブランドラベルが、
  ”お客様が商品を買いたくなる”・”持って誰かに見せたくなる”
というような少しでも商品の魅力アップに貢献できれば、こんなうれしいことはありません。

ぜひ、商品の魅力向上のお手伝いをさせて頂ければと思います。