出口織ネームの技術

織り方 袋織(ふくろおり)

袋織の織り方は、生地の表裏の両面にデザインを入れたい時に選ばれる織り方です。

表と裏の生地をつなぎ、両面にデザインが入った1枚の生地にする場合や、
上下2枚の生地の端だけをつなぎ、中を空洞にした袋状にすることもあります。


アパレル副資材のネームタグでは、カバンの外側やクッション、
ソファーなどの取付けに選ばれることが多い、
厚みのある織ネームの製作に適しています。

イベントグッズや販促品で人気のミサンガやお守り袋、
コースターなどの製造にも多く使われる織り方で、
表裏の両面に絵柄や文字を入れることができるため、幅広いデザインに対応できます。

下の写真のキーホルダーは袋織で織り上げた生地を丸くヒートカットし、
中に糸くずを入れてありますので、ぷくっと膨らんだ立体的な形状をしています。
そして、カットした外側にオーバーロック加工をおこなっています。


コースターやお守り袋では、織り上がった生地を裏返し一部分だけを縫うという、
縫製加工の軽減につながるため、コスト削減や納期短縮にも効果があります。

ジャガード織物の知識が豊富なプロがオリジナルグッズや
記念品に最適な織り方をご提案しますので、お気軽にお問い合わせください。

袋織
袋織
袋織袋織袋織

織り方 一覧