出口織ネームの技術

織り方 綾織(あやおり)

綾織はベース地部分に斜めの線が見える織り方で、柔らかく、シワが入りにくい特徴を持ち、
この斜めの線を斜紋線(しゃもんせん)と呼ばれます。

斜紋織とも呼ばれるこの織り方は、平織よりも生地を柔らかくするために考えられた織り方で、
ヨコ糸が1本のタテ糸と交差したら、次は2本隣のタテ糸と交差する1x2の三綾(さんあや)や、
3本隣のタテ糸と交差する1x3の四綾(よんあや)などの種類があります。

平織と比較すると、摩擦に弱い特徴を持つが、柔らかくシワが入りにくく、
伸び縮みしやすい
生地になりますので、ネームタグなどにはもちろん、
お守り袋の生地にも多く選ばれます。

応用的な織り方で急緩斜文、破れ斜文、杉綾など多くの種類があり、
特徴的な斜めの模様をベース地部分に表現することが出来ます。

取り付け場所やデザインの再現性に適した織り方をご提案させていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。

綾織
綾織綾織綾織

織り方 一覧