出口織ネームの技術

織り方 朱子織(しゅすおり)

朱子織は繻子織(しゅすおり)と書くこともあり、ヨコ糸の浮きが少なく、
タテ糸が生地の表面に多く出ている織り方です。

平織と比較すると使用する糸本数が多く、厚みの必要なワッペンや
柔らかい風合いの生地などに適していますし、タテ糸が多く表に出ることから、
光沢感が必要なブランドタグ織ネームで多く使われる技術です。
また、細かい文字や絵柄など細い線の表現が可能ですので、
平織では表現できないデザインに向いています。

しかし、摩擦に弱い面もあるため、毛羽立ちなどを避けるために、
擦れることが多い場所への取付は注意が必要です。

朱子織
朱子織朱子織朱子織

織り方 一覧