出口織ネームの技術

織り方 防縮織(ぼうしゅくおり)

クリーニングやアイロンでの、
熱による縮みと歪みに強いブランドタグ織ネームは必要ありませんか?

「織ネームを取り付けたユニフォームやシーツにアイロン加工をした時に、
縫い付けたブランドタグだけが縮み、商品も歪んでしまう」と
お客様から相談されたことがあります。

熱加工温度が高いほど収縮と歪みは顕著になり、7~8%縮むことも珍しくありません。

通常、繊維雑貨製品は2%の収縮は許容範囲とされていますが、
お客様によっては更に厳しい数値を要求されることがあります。

弊社ではこれまでの織り技術を活かし、織り方を一部変化させることで、
タテ糸方向の収縮率がほぼ0.1%以下、ヨコ糸方向の収縮率が0.5%以下
という数値を達成しております。

海外では防縮剤の危険物質の使用も散見されているようですが、
当社では安心安全な『織り技術』で防縮機能を実現していますので、
ご安心してご相談ください。

防縮織

織り方 一覧