出口織ネームの技術

織り方 平織(ひらおり)

平織はタテ糸とヨコ糸が交互に規則的に交差した織り方です。

交差する糸の本数は1本ずつ交差する織り方もあれば、
2本ずつ、3本ずつ交差する織り方もあり、
お客様のブランドロゴのデザイン表現や、お守り袋などの風合いに最適な本数を選択します。

糸の交差する回数が綾織など他の織り方と比較すると多いため、
生地としては『薄いが丈夫で硬い風合い』になります。

そのため当社の商品では、摩擦が多い場所に取り付けるブランドタグや、
小銭入れなど頻繁に開け閉めする部分の生地などに多く使用します。

摩擦には強いが、硬い風合いを避けたい場合など、お客様のブランドイメージに沿うように、
特殊な糸を使用したり、織り方を部分的に変化させる方法などを使って、
あなたのご要望にお応えいたします。

平織
平織平織平織

織り方 一覧